伏見区淀で整体院をお探しなら腰痛・肩こり・産後の骨盤矯正・女性のお悩みなどを女性院長の私が解決します

淀・整体院から「夏の冷え症と足のむくみ」

淀・整体院から「夏の冷え症と足のむくみ」

画像の説明

皆さんは、夏になると、外は蒸し暑く、日差しは照りつけるように強いのに、手足はいつも冷たいという経験はありませんか?

これは、夏の冷え性という事なのです。

冬に冷え性になると、暖かい服装とか温かい飲み物で工夫されると思うのです。

しかし、夏の冷え性は、自覚症状はあっても、なかなか工夫されていないのが現状です。

冷房がかかったお部屋に薄着で長時間居たり、氷の入った冷たい飲み物を飲んだりして、手足だけではなく、身体の内も外も冷え冷え状態になっています。

特に、男性よりも女性の方が冷えには敏感なようです。

それは、男性よりも女性の方が皮下脂肪が多く、筋肉量が少ない傾向にあるからなのです。

皮下脂肪は、保温や断熱は出来るのですが、筋肉と違い、動かしても発汗はしないのです。

その為、一旦冷やしてしまうと、温まるまで筋肉の上で「冷湿布」になるのです。

そして、内臓の周りにも脂肪は付いているので、そこにも「冷湿布」されてしまうのです。

外の暑さと冷房のかかったお部屋との温度差が大きいと、身体はうまく対応しきれず、自律神経が乱れ、同様に血液の巡りが悪くなり、血液の循環を良くしようとした結果、身体はエネルギーを使います。

夏バテになったり、秋に疲れが出るのは、そういったエネルギーを知らず知らず使っているからなのです。

また、汗をかいたままにしたり、お風呂上がりでせっかく温まっても髪の毛を濡れたままにしていると、冷えの原因にもなるようですのでお気をつけ下さい。

冷えは、身体の末端である手足から冷えていき、腕やお腹、太ももやふくらはぎへと進んでいきます。

心臓から離れた下半身は、冷えやむくみが出やすい部分なのです。

人の体温は、約35度〜37度で、内臓は約37度あれば正常だと言われています。健康な身体なら水分は血管やリンパ管を通り、全身を回っています。リンパ管は、血管の間を通り、最終的には大静脈という大きな血管に流れ込みます。ところが、冷え症の方は血の巡りが悪くなっているので、水分の巡りも悪くなっています。身体の水分がリンパ管や血液中から漏れ出して、細胞と細胞の間(細胞間脂質)に溜まってしまうと、それがむくみとなって現れるのです。

ふくらはぎのストレッチや足つぼなどを取り入れると、むくみも冷えも楽になります。

当院では、冷えやむくみによる身体の不調などにしっかり対応し、足裏からふくらはぎまでの足つぼコースもご用意しております。

もう、冷えやむくみで悩みたくないと思われる方、是非お待ちしております。




痛み・ゆがみとり専門
女性院長による女性の為の京都市伏見区淀の整体院

『すず整体院』

HP   http://suzuseitai.com/

〒613-0905 京都府京都市伏見区淀下津町206-4

℡(075)200-5864

営業時間 9:00~17:00

コメント


認証コード3931

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional