伏見区淀で整体院をお探しなら腰痛・肩こり・産後の骨盤矯正・女性のお悩みなどを女性院長の私が解決します

淀・整体院から「ストレ-トネックと肩こりの関係」

淀・整体院から「ストレ-トネックと肩こりの関係」

画像の説明

皆さんはストレートネックという言葉を聞いた事はありますか?

では、スマホ首という言葉はどうでしょう?

聞いたことあるけど何なの?悪い事なの?と思われる方もおられるでしょう。

まずは、ストレートネックとは何なのか?を説明します。


頚椎(首の骨)は横から見た時に緩やかに前カーブしているのが自然なのですが、スマホやパソコンを1日中触ったりしていると、首が前傾姿勢になり、顔を上げても緩やかなカーブを保てず真っ直ぐになってしまう状態の事を言います。


スマホやパソコンを1日中触ったりするだけでなく、車の運転や家事をしたり、赤ちゃんを抱っこしたりなど、前かがみの姿勢を続けていると、長時間筋肉が動かなく緊張した筋肉に頚椎が前方へ引っ張られてしまい、徐々にストレートネックになっていくようです。


人の頭の重さは約4〜6kgあるので支えている首の筋力が弱ければそういった状態になりやすいのです。


なので、男性に比べて女性や子供の方が筋力が弱く関節が柔らかい為、骨格に悪い癖が着き、ストレートネックになりやすいと言われています。


猫背や肩の歪み、骨盤の歪みなどと違い、ご自身がストレートネックになっているか、分かりにくいと思われる方もいるでしょう。


簡単にチェック出来るので、ここを見ながらやってみて下さい。


立った状態で壁に自然に、かかと、お尻、肩甲骨を付けていく。

※決して無理矢理押し付けないで下さい。

そうした時に、頭(後頭部)が壁に付いていたら大丈夫。少しでも離れていたり、無理矢理くっ付けないといけないのは、ストレートネックになっているという事です。


そういったストレートネックになると、頭の全ての重みが首根元部分にのしかかるため首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、肩こりとして感じられます。


そして、頭の重みで頚椎のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。
例えば、頚椎の上のほうが圧迫されると、耳鳴りやめまい、頭痛(緊張性頭痛)、自律神経失調症などに繋がります。
また、頚椎の下のほうが圧迫されると、首や肩のこり、手・腕のしびれが現れやすくなります。
さらに、頚椎と頚椎の間にある椎間板が圧迫されて突き出し、いわゆる「首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)」になるケースもよく見られます。


たかが首こりや肩こり、と思うかもしれません。


しかし、放っておけば、咳をしただけでも首や肩に痛みが走るような状態になることもあるので、パソコンなど前かがみでの作業などが多い方は、ストレートネックになりかけていることも少なくないので、ケアしておくと良いでしょう。


当院では、お身体を無理なく正しい位置に戻し、ストレートネックになりにくい姿勢のアドバイスをさせて頂いております。


上記のような前かがみでの作業などが多い方で首や肩こりになって、ひょっとしたら自分もストレートネックになりかけてるんじゃないか?と思われる方、いつでもお待ちしております。




痛み・ゆがみとり専門
女性院長による女性の為の京都市伏見区淀の整体院

『すず整体院』

HP   http://suzuseitai.com/

〒613-0905 京都府京都市伏見区淀下津町206-4

℡(075)200-5864

営業時間 9:00~17:00

コメント


認証コード9661

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional